2008年11月14日

のだめカンタービレ(19)



二ノ宮 知子著
税込価格: 420 (本体 : 400)
出版 : 講談社
サイズ : 18cm / 191p
ISBN : 978-4-06-340673-3
発行年月 : 2007.11



***裏表紙より***
もっと高くもっと遠くまで――。
舞台はパリ、コンクール開幕!!

おじゃま虫カップル付きでウィーンを訪れたのだめと千秋は、留学中の清良と再会。
コンクール出場を決めていた清良の迷いとは…?
パリでも、ターニャとユンロンがコンクールに向けて猛練習中。
それぞれが希望と迷いの中で揺れながら未来へと走り始める。
そして、一番星を背負って、あの男がパリの地へ立つ!!


Lesson107〜112掲載。

のだめよりヴィエラ先生を優先しちゃった千秋でしたが、のだめは意外と理解があって、波乱なし!・・・から、皆それぞれコンクールがんばる、まで。
あと、久々に峰君くん登場!!もあります。
のだめと清良って初対面だったんですね・・・意外。

そーいえば・・・パリ編、アニメ化しましたねー。
公式サイト⇒http://www.nodame-anime.com/


***掲載曲***
マーラー 交響曲第2番「復活」
 リッピ追悼公演 ヴィエラ先生指揮
 

ベートーヴェン 交響曲第3番第1楽章<エロイカ>
 のだめエアー指揮
 

パガニーニ カプリス第24番
 カントナ国際コンクール ヴァイオリン部門一次予選 西岡くんとやら演奏
 

イザイ ソロ・ソナタ第6番ホ長調
 同コンクール 清良演奏
 

バッハ 平均律クラヴィーア 第1巻22番変ロ短調
 同コンクール ピアノ部門一次予選 ターニャ演奏
 

ショパン バラード第4番へ短調
 同上
 

バッハ 平均律クラヴィーア 第2巻4番嬰ハ短調
 同コンクール ユンロン演奏
 

ベートーヴェン ソナタ第17番<テンペスト>第1楽章
 同上
 

ショパン スケルツォ第1番
 同上
 


評価:★★★☆☆

bk1で詳細を確認する
楽天ブックスで詳細を確認する
Amazonで詳細を確認する




posted by 1ca8ca at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック