2008年11月21日

<横光>三国志(6)南陽の攻防戦




横山 光輝著
税込価格: 680 (本体 : 648)
出版 : 潮出版社
サイズ : 16cm / 421p
ISBN : 4-267-01446-9
発行年月 : 1998.3



***帯より***
孫策は太史慈に帰順を迫った。
「蛆の中にいては
 蚕もまゆを作れず、
 糸も吐けまい」

太史慈捕獲大作戦の続きから、皆でエセ皇帝・袁術やっつけようゼ、まで。
太史慈ってさー、今に言う、一発屋・・・なのかなぁ。
センセーショナルな登場の割に、後の活躍を聞かない、ですよねぇ・・・

「やはりのう」
「まずいのう」
・・・曹操の語尾が一時的に「〜のう」になったのが多少ツボった巻でした。

付 録:地図やら年表やら
しおり:孫策 父親譲りの頬骨がチャームポイント!

評価:★★★☆☆


bk1で詳細を確認する

楽天ブックスで詳細を確認する
Amazonで詳細を確認する



ラベル:横山光輝 三国志
posted by 1ca8ca at 20:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 三国志関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック