2008年12月13日

プライド(9)




一条 ゆかり著
税込価格: 440 (本体 : 419)
出版 : 集英社
サイズ : 18cm / 176p
ISBN : 978-4-08-865487-4
発行年月 : 2008.7



***裏表紙より***
ベティの前座に抜擢されたSRM。
妊娠中の萌、神野との結婚を控えた史緒、そして2人の再開を危惧する蘭丸の3人は上海へ。
その頃、ほぼ絶縁状態の萌の母は娘の活躍を知り!?


この巻は、上海で全員集合から日本で萌ママ大暗躍、
といった内容だったと思います、たしか・・・

萌が急にいい子になっちゃって、
逆に史緒がうざく感じる・・・そんな巻です。

が、このまま、すべてうまく行くはずないのです。
だって、萌ママ、最終頁でハッスルしちゃってるもの。


以下、ネタばれを含むので、白文字にしときますね。

ベティの日本公演に前座として出演が決まったSRM一同は、
とりあえず打ち合わせ等のために上海へ集合。
そこで、なんだかんだと、蘭丸&史緒はイチャイチャ。
一方、萌は妊娠のせいかイライラ。

その後、一同 日本へ。
空港で取材を受けている最中、萌ママが登場し金の無心を始める。
でも、みんなのフォローで難を逃れる。

何かとフォローしてくれる蘭丸と史緒に、
萌の頑なな心も溶けだす・・・
そして、日本公演の前座一発目は大成功。
・・・と、思ったのも束の間・・・
萌、腹痛で倒れる。
妊娠による痛みだと思っていたが、盲腸だった。
(妊娠もしている)

萌のお腹の子はホントに神野の子かも・・・
という疑念を晴らすため、史緒は神野のマンションへ行く。
ベッドサイドには、萌が言った通り、eikoの写真があった。

そのことを入院中の萌に告げるが、
史緒に心を開きかけている萌は、
史緒を動揺させるためにでっち上げただけだと言う。

そんな萌のウソに安堵する史緒と入れ違いに病室に入って来た萌ママ。
萌のウソを看破し、神野を脅迫するよう唆す。


って感じです。

評価:★★☆☆☆

bk1で詳細を確認する

楽天ブックスで詳細を確認する

Amazonで詳細を確認する




posted by 1ca8ca at 11:01| Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック