2008年12月28日

[映画]ワールド・オブ・ライズ

原題『Body of Lies』
レオナルド・ディカプリオ、ラッセル・クロウ 主演



公式:http://wwws.warnerbros.co.jp/bodyoflies/



どっちの嘘が世界を救うのか!?
ってなCMだったので、心理戦中心なのかと想像してましたが、アクションも恋愛もありました。

ディカプリオ扮するCIA捜査官フェリスは、アルカイダの新組織の壊滅のため、ある作戦を思いつく。
さて、作戦は成功するのか?

ってなお話です。

現地事情に詳しいフェリスは、現地の方々と連携を取ってがんばるんだけど、米国本土にいる上司のホフマン(クロウ)がちゃちゃ入れるため、たびたび窮地に追いやられます。

拷問シーンが数回あるんですが・・・
その間、目を伏せてて、字幕読めなかった・・・
(アラビア語だったのでちんぷんかんぷん)

・・・なので、原作でも読みます、ハイ。


映画なら目を伏せればいい話ですが、
今現在もこの手の緊張感が続いているんですよね。
映画がどの程度リアルに近いかは分かりませんが・・・
はぁ。
posted by 1ca8ca at 16:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ・映画・アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック