2009年04月14日

不思議な少年(7)




山下 和美著
税込価格: 760 (本体 : 724)
出版 : 講談社
サイズ : 19cm / 266p
ISBN : 978-4-06-372741-8
発行年月 : 2008.10



***カバーより***
第24話 ホロ・ファコスネナムン・トラルファマドーラ婦人
はるか遠くの銀河に思いを馳せる孤独な中年女性に少年が贈る“聖なる夜”のプレゼント。

第25話 ジェシィ・アダムズ
5千万ドルか、廃屋同然の屋敷か。
父親の遺産として、ジェシィ・アダムズは後者を選ぶ。
失われた幼少期の記憶、心の底に眠る風景を取り戻すために。

第26話 会社員I
ありふれたサラリーマン・Iが引き寄せられるように入ったBAR。
世にも数奇な人生を歩む客たちがざわめくこのBARで、Iは自らの「生の意味」を知る。

第27話 ペーター・ユルゲン
祖父の代から100年間、山を越え森を越え、ひとつの誤配もなく、手紙を配達し続けて来た男。
男の最後となる仕事は、世界滅亡への引き金だった…。

第28話 ロベルト
人々の歓声が響き渡る村。
村を上げての宴の中で、なぜか目を閉ざし、心も閉ざしたある少年。
その少年の内にある真実とは。

第29話 ヨコハマ・リリィ
終戦直後、ヨコハマで運命的な出会いを果たしたリリィと青年将校ジェイムズ。
そして2008年。
必ず戻るという言葉を信じ、リリィはジェイムズを待ち続けている。


「会社員I」の正体は…日本でもっとも有名なあの一家の主でウケた。

「ヨコハマ・リリィ」は元ネタ「ヨコハマメリー」すね?
いやにアダルティーな少年が見れます。


評価:★★★☆☆


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い


クリックで救える命がある。
posted by 1ca8ca at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック