2009年04月27日

殷周伝説 太公望伝奇(2)魔界の女




横山 光輝著
税込価格: 410 (本体 : 390)
出版 : 潮出版社
サイズ : 18cm / 201p
ISBN : 4-267-90432-4
発行年月 : 2003.5
利用対象 : 一般
<22巻セットはこちら>




「封神演義」「史記」「武王伐紂書」をベースに
巨匠横山光輝が殷代末から周建国までを描く中国歴史大作。

絶世の美女妲己が次々と考案する超残虐な刑。
ついに皇后も狙われた!
巨匠横山光輝が満を持して放つ真封神演義!


2巻にもまだ太公望は出てきません。
紂王&妲己の悪行三昧メイン。


道士 雲中子が魔除けの宝剣を持って現れるが、
妲己、紂王を唆し、宝剣を始末することに成功。

天台官 杜元銑が妲己の妖気に気付くが、
妲己、紂王を唆し、杜元銑を始末することに成功。

上大夫 梅伯が紂王を諌めるが、
妲己、紂王を唆し、梅伯を炮烙の刑(妲己考案)で始末することに成功。

姜皇后、紂王・妲己を諌めるが、
妲己、諌大夫 費仲に命じて、姜皇后を拷問の末、始末することに成功。

皇子 殷郊・殷洪(両方インコウかよっ)は、
黄貴妃の機転で取りあえず助かった…?
で、次巻に続く。


怖い、怖いよ、妲己。
あと、目ん玉抜く筒の仕組みが分からないよ。


***目次***
宝剣
蘇る妲己
諫言者の悲劇
炮烙の刑
謀殺密旨
陰謀蠢動
ぬれぎぬ
拷問
対決の末


評価:★★★★☆



posted by 1ca8ca at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣殷周伝説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック