2009年04月29日

[映画]鴨川ホルモー

 
山田孝之 主演

↓サントラ






原作未読です。
同じ万城目学先生著の『鹿男あをによし』も未読。
ドラマ『鹿男あをによし』は毎週欠かさず観てました。
そんな私の感想。

<簡単なストーリー>
京大に二浪で入学した新入生の安部は、同じく新入生の高村とともに「京大青竜会」というサークルの勧誘を受け、新歓コンパに参加する。
その席で知り合った早良という女性に一目惚した彼は、「京大青竜会」の実態を知らぬまま入部。
「京大青竜会」は、オニ(=式神)を使って争う謎の競技「ホルモー」を行うサークルだった。


たまたま空き時間があったので観たんですが・・・
めーーーーーちゃ面白かったっ!!
ドラマ『鹿男あをによし』にハマった人は絶対お勧めです。

舞台が京都で、知ってる町並みがたくさん出て、それだけでテンション↑↑↑
うぉーーー、友達ん家の近所だぁ・・・とかってノリで←単純脳

うさんくさい登場人物たち。
怪しげな儀式。
意味不明のオニ語。
弾けたポージング。

どれをとっても普通なら「さむーーーー」ってなりそうなのに、
なぜか素直に笑えます。

『鹿男』同様、不思議で荒唐無稽な世界観でありながら、
どこかしら説得力があるのはさすがです。
登場人物の名前も、「安倍晴明?」「芦屋道満?」「早良親王?」等、
元ネタがありそうで面白い。

あと、オニのCGがなかなかキモカワで惚れました。
キャラクターグッズが欲しくなった、ほんのちょっとだけ。

映画鑑賞直後トイレでオニ語をポーズ付きで叫びたくなったけど、
1つもまともに覚えてなかったのも、自分的には好印象。
(私の記憶力に問題があるだけですけどねー)


評価:★★★★★



『鴨川ホルモー』の続編




▼コミック版




posted by 1ca8ca at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ・映画・アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。