2009年07月27日

[映画]ハリー・ポッターと謎のプリンス


ハリー・ポッターと謎のプリンス
監督:デヴィッド・イェーツ
キャスト:
   ダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント、
   エマ・ワトソン、マイケル・ガンボン、アラン・リックマン、
   ヘレナ・ボナム=カーター、ジム・ブロードベント 他
ASIN:B002AQTCWY
公式:http://harrypotter.warnerbros.co.jp/site/mainsite/index.html



6作目は最終章への幕明け!ここからがクライマックス

J.K.ローリング原作による世界的ベストセラー小説「ハリー・ポッター」シリーズの映画版第6弾。
主人公ハリー・ポッターと仲間たちが、邪悪なヴォルデモート卿との最終決戦に備える。
ヴォルデモートの支配力が強大になっていくなか、ハリーとダンブルドア校長は、彼の防御を解く手がかりを見つけるため、校長の旧友であり、元同僚でもあるホラス・スラグホーンを学校へ迎え入れる。
最終章に向けて徐々に明らかになってゆく謎、クライマックスに向けた序章が幕を明ける。

2009年7月15日(水) 日米同時公開
丸の内ピカデリーほか 全国ロードショー


そっかー…第6弾なんだ…
シリーズ全部映画館で1回ずつしか観てないし、
原作も読んでないし、
当然のことながら今回もストーリーについていけなかった…
やっぱり事前に登場人物だけでも復習すべきですねぇ。
【Wikipedia】ハリー・ポッターシリーズの登場人物
私は、
「トム・マールヴォロ・リドル」=「ヴォルデモート卿」=「名前を呼んではいけないあの人」
ってことすら覚えてなかった…ヤバ過ぎ。

今回はアクションより学園ラブコメ色が強かったです。
校長の力で守られているとはいえ、結構危ない状況なのに、
普通に学園生活を送るハリー達の肝っ玉…パネェっす。
前作、ハリーにはアジア系の彼女いた気がするんですが、
本作ではロンの妹ジニーとくっついて…
ロンはなんだかんだでハーマイオニーといい感じ。

本筋ざっくり言うと…【ネタばれ含みます!】
ハリーと校長がヴォルデモートの過去を探り、
元教師のホラス・スラグホーンが奴に関する秘密を知っているのではとアタリを付け、
すったもんだでスラグホーンから真実(教え子ヴォルデモートに請われて禁断魔法『ホークラックス(=魂を引き裂き、その断片を魔法器(分霊箱とも呼ぶ)に保存する魔法)』を教えたこと)を聞き出す。
ハリーと校長は、分霊箱のひとつを探索し持ち帰るが、
直後、校長はドラコに命を狙われ…
すったもんだで、結局ドラコに代わってスネイプに殺され…
お葬式END。

あと、謎のプリンス(the Half-Blood Prince)= スネイプ。

…って感じ。

映画館で横の席に座っていた年配の女性二人は
今回初めてハリーポッターシリーズ見たらしく、
「メガネの子のお母さんが殺されたから復讐してんの?」
「全然分からん…魔法やからこんなもんちゃう?」
「せやな、魔法やな」
と納得して帰られました。

次作、『ハリー・ポッターと死の秘宝』で終わりかーっ!
やったーーーっ!長かったーーーーっ!
ラス1ッ、ラス1ッ!
って喜んでいたら…………………………………
2010年11月と2011年10月に二部作公開予定なんですね。
あと2回……がんばろ。

評価:★★★☆☆

【原作本】ハリー・ポッターと謎のプリンス ハリー・ポッターシリーズ第六巻 上下巻2冊セット

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

posted by 1ca8ca at 15:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ・映画・アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック