2009年10月25日

[映画]沈まぬ太陽

沈まぬ太陽 (渡辺謙 主演) [DVD]

沈まぬ太陽 (渡辺謙 主演) [DVD]

  • 出版社/メーカー:
  • メディア: DVD


主演:渡辺謙
監督:若松節朗
公式:http://shizumanu-taiyo.jp/

渡辺謙主演 映画『沈まぬ太陽』ドキュメントブック
渡辺謙主演 映画『沈まぬ太陽』ドキュメントブック

映画「沈まぬ太陽」オリジナル・サウンドトラック
映画「沈まぬ太陽」オリジナル・サウンドトラック



***あらすじ***
国民航空社員で労働組合委員長である主人公・恩地元は、
職場環境の改善のため会社側と闘った結果、
懲罰人事ともいうべき海外赴任を言い渡される。
一方、彼の親友で、労働組合の副委員長であった行天は、
出世街道を歩んでいた。
恩地は10年の左遷に耐え、日本に帰還。
本社で閑職に就かされていた時、国航ジャンボ墜落事故が起こり、
遺族係に任命される。

3時間22分という長時間の作品。
途中10分休憩あり。
原作は山崎豊子先生の同名小説。
アフリカ篇 上
御巣鷹山篇
会長室篇 上
…と、長編なので、長時間映画といえども全然尺が足りなかったろうなぁ。

ストーリーは、アフリカ篇と御巣鷹山篇が同時進行して、
会長室篇へ…という感じ。

映像は、恩地の流刑地(パキスタン・イラン・ケニア)の風景が美しい。
御巣鷹山事故直後様子、棺の数、墓標の数は胸に痛い。

「御巣鷹山」と聞けば、実在の事故がモデルになっているのは、
想像に難くなく…
この辺りがネックになってなかなか映像化できなかったらしい。
国航機、CGだったもんなぁ…。

しっかし…
組織というのは、程度の差はあれど、どこも変わんないなぁ。
恩地さんみたいにまっすぐ生きてれば叩かれ、
行天さんみたいに流れに乗っても、また辛い…
どうすりゃいいんだーーーって見ながらイライラしまくり…
八木さん(香川照之さん)の生き様も痛々しい、です…

他にも色々書きたいけど…
うまく言葉にできない…いつものことだけど…

評価:★★★★★

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview



↓同じ山崎豊子さん作品
ケーン=恩地、チャーリー=行天 っぽいな、と…
二つの祖国〈上〉 (新潮文庫)

二つの祖国〈上〉 (新潮文庫)

  • 作者: 山崎 豊子
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 1986/11
  • メディア: 文庫


posted by 1ca8ca at 17:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ・映画・アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック