2010年01月15日

[映画]ゆれる


ゆれる [DVD]

ゆれる [DVD]

  • 出版社/メーカー: バンダイビジュアル
  • メディア: DVD


監督:西川美和
主演:オダギリジョー、香川照之
公式:http://www.yureru.com/

東京で写真家として成功し、久しぶりに帰郷した猛は、
実家に残って家業を継ぐ兄の稔、幼馴染の智恵子と近くの渓谷へと出かける。
そこで智恵子が吊り橋から落下するという出来事が起こる。
その時、傍に居たのは稔だけだった。
事故か事件か。
裁判が始められる中で、兄の違う一面を知る事に…。




※ネタバレ含みます。

深夜テレビで観賞。
惹きつけられて最後まで観てしまった…。
前評判が良かったので斜に構えて観たけど、
香川さんの巧みな演技に完敗!!
ちょこんと正座して洗濯物を畳む後ろ姿…超哀愁

「ゆれる」というテーマに沿った演出が随所に見られて、
監督のこだわりを感じるし、
なんでもないようなシーンをやや長めにとってあるのも、
独特な雰囲気作りに一役買っているように思う。
どちらとも取れる結末は鑑賞者に余韻を与え、
「深い」「重い」映画だと言う人も多そう…
若干の中毒性もあるなぁ。
ハマる人は2度、3度観たくなるはず。
私もまたテレビでやってたら観るだろうなぁ…←DVD買え!

アートとして観るなら良作。
サスペンスとして観るならやや駄作。

…かな。
真相はご想像にお任せしますって丸投げはモヤっとする。

ゆれる (ポプラ文庫)←監督自ら小説化。読んだら真相分かる??

ストーリー自体は決して目新しくないけど、
グイグイ引っ張られる。
終いには一緒にこっちもゆれている。
そんな映画。

あぁ、そのゆれで二日酔い状態。
弟(オダギリジョー)がホームビデオ観るシーンは号泣したなぁ。
ニュー・シネマ・パラダイスにこんなシーンなかったっけ?」って邪念にとらわれたけど…号泣した。
弟にシンパシー感じるのは自分が末っ子のせい?

あと難を言えば…声が小さくて聞き取れなーい

評価:★★★★☆

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview



posted by 1ca8ca at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ・映画・アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。