2010年02月18日

[映画]インビクタス/負けざる者たち



監督:クリント・イーストウッド
主演:モーガン・フリーマン、マット・デイモン
原作:ジョン・カーリン 「PLAYING THE ENEMY」
   (日本語訳:『インビクタス〜負けざる者たち』
公式: http://wwws.warnerbros.co.jp/invictus/

クリント・イーストウッド監督最新作
ネルソン・マンデラ大統領の不屈の魂を描く、真実の物語




1995年、南アフリカの大統領だったネルソン・マンデラは
ラグビーのワールドカップで、国の恥とまで言われた南ア代表チームを
初出場初優勝へと導いた。
そして、その勝利の瞬間、一国の歴史が永遠に変わってしまったのだ。
いったい彼はどうやって、この偉業を成し遂げたのか――?


ネルソン・マンデラは、27年間の牢獄生活より解放され、
初の黒人大統領となった人物。
長い投獄中、心の支えにした詩の題名が「インビクタス」 で、
“征服されない”の意味。
「私が我が運命の支配者、我が魂の指揮官」

ノンフィクションなので、
当然ながら過剰な演出などない。
アパルトヘイト時代のシーンもほとんどない。
政治臭さもない。
鑑賞者に非情なリアルを突きつけ、熟慮を強いることもない。
ただまっすぐこういう事実があったんだよ、と、
教えてくれる映画。
そして、ほっこり胸があったかくなる。

評価:★★★★☆

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview



posted by 1ca8ca at 13:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ・映画・アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。