2010年10月31日

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら

  • 作者: 岩崎 夏海
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2009/12/04
  • メディア: 単行本

新人マネージャーと野球部の仲間たちが
ドラッカーを読んで甲子園を目指す青春小説。
家庭、学校、会社、NPO…
ひとがあつまっているすべての組織で役立つ本。




公立高校野球部のマネージャーのみなみは、
ふとしたことでドラッカーの経営書『マネジメント』に出会います。
はじめは難しさにとまどうのですが、
野球部を強くするのにドラッカーが役立つことに気付きます。

みなみと親友の夕紀、そして野球部の仲間たちが、
ドラッカーの教えをもとに力を合わせて甲子園を目指す青春物語。


本屋で平積みされている超有名本。
略して、もしドラ
アニメ化も決定したようですね〜大人気!

TV「ビーバップ!ハイヒール」で、
ドラマ仕立てで紹介されていたのを見て、概ねあらすじは知ってるけど…
話題作なのでやはり原作で読みたい!!

で、読んだ。
文章は易しく、短時間で読めた。
カラーイラストあるけどマンガじゃないよ。

…うーん、文学的…ではないなぁ。
読点もちょっとリズム感に欠けるというか…

でも、
ドラッカーを知らない人にとってはいいキッカケになるし、
マネジャーと高校野球のマネージャーをダジャレで安易に結び付けただけでなく、
感動的なストーリーを付加したのはスゴイ。
若干ベタな気もするけど…泣いたよ、私は、慶一郎とともに泣いたよ。

ただ、主人公みなみがお局様チックで女子高校生っぽい初々しさを感じないのと、
後半以降の展開がちょっと…ねぇ…

みなみがマスクして戻ってくるから正体を隠して代打で出場するのかと思った!
けど、これって作者の思うツボ?ミスリード?

ドラッカー気になるけど、
エッセンシャル版でも難しそう…って人には良い本。

みなみちゃんの愛読書:ドラッカーの『マネジメント』
本書と併せて読むのも面白いかも。参照ページ載ってるし。


***目次***
プロローグ
第一章 みなみは『マネジメント』と出会った
第二章 みなみは野球部のマネジメントに取り組んだ
第三章 みなみはマーケティングに取り組んだ
第四章 みなみは専門家の通訳になろうとした
第五章 みなみは人の強みを生かそうとした
第六章 みなみはイノベーションに取り組んだ
第七章 みなみは人事の問題に取り組んだ
第八章 みなみは真摯さとは何かを考えた
エピローグ
あとがき

評価:★★★★☆

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview


posted by 1ca8ca at 07:17| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック