2011年01月08日

殷周伝説 太公望伝奇(9)崑崙山の怪童


外道の術 戮魂幡が黄飛虎を襲う!
哪吒が3つの武器ひっさげ、救援に登場。
舌巻く異能ぶり発揮!




表紙は、哪吒

年末年始にイッキ読みしたので、イマイチ覚えてないけど…
黄飛虎五関突破の続き、から。

第5の関門 「界牌関」
守るは、余化
武芸に勝る黄飛虎だが、ひとたび余化が旗を揚げると、
「な なんだ 髪の毛のようだが…」
謎の細い糸に絡み取られ、捕えられる。
これぞ、余化の必殺技「戮魂幡」 蓬莱山の一気仙人より授かった…云々
黄飛虎救出のため、黄明と周紀出陣。
が… またもや、余化フラッグからの細い糸。
「髪の毛のようだがなかなか切れんぞ」
おぉ、黄飛虎と同じ展開!何なんだ、あの糸は???
余化「人間の髪の毛は強い それを編んで作ったものだ」
あ、なんだ、予測通りかよ、ちぇ。
その後も同じ手に引っ掛かり、主だった将を失った黄滾は降伏

さすが、最後の関門。手強い。
が、このありさまを見つめる男がいた。
青峯山で修業する疾風
彼により青峯山に伝わり、黄天化は親父救出に向かいたいと申し出るが、
師曰く、「技には得手不得手というものがある」
へー、そーなんだ…
余化の蓬莱山派の技には崑崙山派が強い!ってことで、
崑崙山の太乙真人にヘルプを依頼。
太乙真人は快く引き受け、選んだ人材は…哪吒
そう、あの哪吒。どの哪吒??
ちゃんと回想シーン挟んでくれてるので安心です。
李靖将軍の息子。7歳で2人も殺した暴れん坊。
太乙真人の命に、
「えっ暴れてもいいんですか」と真顔でいう哪吒。
あばれはっちゃくぶりは健在です。
哪吒が選んだ武器は、青い青銅棒如意珠乾坤圏
かくして、期待を裏切らない男・哪吒は、
余化の技を見抜き、頭をぶち割り、敵兵を蹴散らし、
黄飛虎一行を救出し、散り散りになった黄飛虎らの家来を捜索し、
黄飛虎を「おじさん」呼ばわりし、
余化の戮魂幡を用いて、水関の城壁をよじ登り、城門を開け、

すったもんだで、水関の司令官・韓栄を敗走せしめた。
\\ 黄飛虎 哪吒のおかげで水関制圧 //
役目を終え、哪吒は飛ぶような速さで崑崙山へ引き返した
絵的には のっそのそ って感じだけどな。

めでたく、五関突破を成し遂げた黄飛虎は、
礼を尽くして呂尚と会見し、西岐に帰順す。
鎮国武成王 改め 国武成王、ここに誕生。

一方、朝歌。
東海鎮圧を成し遂げた聞仲太師帰国。
黄飛虎の謀反を知る。
紂王の非を見抜きつつも、西岐討伐を目指す。
「非常事態です (治国)十策の件はしばらく凍結いたしましょう」
いやいや、同時進行でええんちゃう?

第一次西岐討伐
将軍は、晁田晁雷兄弟。兵3万。
関を次々通過し… あれ?潼関の蕭銀は抵抗しなかったの???
とにかく、やすやすと西岐に到着。
でも、やすやすと晁雷は捕らわれ、やすやす呂尚の口車に乗り帰順。
兄にも無邪気に西岐帰順を勧めるが、今度は兄に言いくるめられ…
でも、そんなこと先刻承知の呂尚。
結果、兄弟揃って帰順。
\\ 第一次西岐討伐 終了 //
しかも、晁兄弟の家族を朝歌より救出し、兵と糧秣まで得る妙計を授ける。

聞仲太師を騙した呂尚は、殷の来襲に備え城の守りを固めていったとさ。オシマイ。


うっ…いつもにも増して長くなった… 次巻からはシンプルにいこう。

余化、相手1〜2人だと旗1つ、相手4人だと旗2つだったので、
5人以上で対抗すれば勝てたんじゃないか、と…

黄飛虎、余化に「外道の術」とはひどい。
息子をはじめ、術者に救われてるのにさ。
差別はいけないね。

聞仲太師は物の道理を分かっている御仁なのに…
愛国心との板挟みっすね。

あと、哪吒には武術じゃなく精神修行をさせるべき。


***目次***
戮魂幡
哪吒下山
怪童哪吒
水関突破
聞仲の苦悩
西岐討伐軍
策と策
・殷周伝説関連地図

***あらすじ***
黄飛虎一行は哪吒の救援により水関を突破、西岐に到着した。
東海討伐を終え、都朝歌に凱旋した聞仲太師を待っていたのは、
黄飛虎謀反の報せだった。
呂尚の存在を脅威に感じた太師は、晁兄弟に西岐討伐を命じる。
呂尚は太師を欺き、晁一族を西岐に見事帰順させた。

評価:★★★★☆

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview




posted by 1ca8ca at 09:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣殷周伝説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。