2011年03月06日

殷周伝説 太公望伝奇(15)出師の表

横山光輝


太公望の出兵に大義あり!
「仁義道徳」を正すため殷を討つ。
今歴史的東征が始まる!




表紙は、呂岳
チャクラを操る男。第三の眼が開いた時、世界は震撼す(ウソ)

呂岳の毒薬対策、から、
周 東征軍(将・呂尚)出陣するも金鶏嶺で第八次西征軍(将・孔宣)と激突、
周:黄天化 vs 殷:陳庚、まで。

***あらすじ***
木吒の持ち帰った解毒薬により危機を回避した西岐軍は
呂岳を討ち、冀州軍を味方につける。
武王に「出師の表」を献上した呂尚は東征大将軍となり、
殷討伐の準備を始める。
これを知った紂王は第八次西岐征伐隊を結成、
西方で戦術武芸を学んだ異色の孔宣将軍を出陣させる。

えっ…第八次西岐征伐??
何度となく確認しているけど、もう一度。

第一次西岐討伐 − 晁田・晁雷
第二次西岐討伐 − 有力四将(王魔・楊森・高友乾・李興覇)
第三次西岐討伐 − 魯雄 + 費仲・尤渾
第四次西岐討伐 − 聞仲太師
第五次西岐討伐 − ケ九公
第六次西岐討伐 − 蘇護
第七次西岐討伐 − ??? 呂岳じゃないよなぁ…
第八次西岐討伐 − 孔宣

…やっぱ、魔家四将が入るのか??分からん。

木吒が馬に乗って行ったのは、たくさん薬を運ぶためだったんだね。
足早くない道士じゃなかったんだね!

呂岳の弟子たち、せっかく城に忍び込んだのだから、
念のため、井戸にも毒を流すべき。

呂岳一人に三人がかり…ひどい。おじいちゃんいじめよくない。
ほら、追い詰めるから、第三の眼がかっ開いちゃったじゃない。

飛鐃10枚ばかり懐に忍ばしている男・木吒。
歩くたび、ガチャガチャいいそう。音対策は万全だろうけど。

雷震子さんにかかれば、呂岳なんて一発首チョンパですよ。

「道士風の男」って言われているけど、結局 呂岳らって道士なのー?

木吒、自分から聞いておいて、哪吒に自慢話するな、だと?

「あんな連中修行不足でチョロイチョロイ。もっと使って」
哪吒はいつでもやる気1000%過ぎる。

「謀反人に頭を下げる鄭倫ではないわ」
鄭倫、一本気。

土行孫、鄭倫は腹を下にして持ち上げてるね。
年齢を配慮したんだね。逆だと腰いわすもんね。

蘇護の涙に鄭倫陥落。鄭倫ツンデレ。

殷王、デブった…

呂尚が出師の表を出しても、
「陛下が目を覚まされるのを待とうではないか」だって??
武王、とんだおぼっちゃまだなぁー
でもって、すぐ言いくるめられるところも、またおぼっちゃま。

その点、太崋山に隠棲中のプリンス、ダブル・インコウ…
殷郊・殷洪は苦労人なので、自らの身の振り方をよくご存じだ。
御髪が乱れて…おいたわしや…

拝将台って今後も使うのかなぁ。
無駄遣いじゃない?仕分け対象じゃない?

第八次征西軍
 将:三山関の孔宣(西方で修業したらしい)
 兵:10万
お、少人数。でも…さんしょは小粒でぴりりと辛い…んでしょ?

突然あらわれた、魏賁という男。
武吉かと思ったー、辛環かと思ったー。
この人、ほんとに味方なのかなぁー??

南宮适将軍は命拾いして、ホッとした。
泣いて馬謖を斬るの元祖かと思った。太公望泣いてないけど。

そろそろ新しい展開があると嬉しい…

***目次***
危機一髪
呂尚の罠
幻術破れたり
蘇護帰順
蘇護の愛情
風雲
東征大将軍
第八次西征軍
東征軍発進
金鶏嶺の戦い
・殷周伝説関連地図

評価:★★☆☆☆

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview




posted by 1ca8ca at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣殷周伝説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。