2011年05月01日

三国志 Three Kingdoms 公式ガイドブック 上巻


あまたの英雄渦巻く中国史上最も人気のある史劇を
かつてないスケールで映像化した「三国志」。
全話のストーリーガイドをはじめ、複雑に絡み合う登場人物の紹介、
撮影秘話などを盛り込んだ公式ガイドブックついに登場。




中国ドラマ「三国志 Three Kingdoms」(新版三國)のガイドブック。
入手困難になったら、きっと悲しくなるので、勢いで買ってみた。
第1話から全くついて行けてない母に捧げよう。

ガイドブックは、上巻・下巻の全2巻。
上巻である本書は「42話 赤壁の戦い」までの内容を網羅。
なお、下巻は2011年5月31日発売予定。

で、気になるコンテンツは…

■5W1Hで読み解く三国志超入門
 5W1Hで三国志をズバッと解説。

 「いつ?」は年表、「どこで?」は地図、「誰が?」は曹操・孫権・劉備、
 「何を?」「なぜ?」「どのようにして?」…段々、苦しくなる企画。
 ネタバレは、歴史モノだし仕方ないけど、
 「晋」と聞いてピンとこないなら、ドラマ見終わってから読んだ方がいいかも。


■主要登場人物紹介
 陣営ごとに主要メンバーを紹介。
 「ココが違う!!」コーナーでドラマオリジナル設定を披露。
 相関図、勢力図、
 曹操、孫権、周瑜、劉備、呂布の中の人インタビューあり。

 あれ?魏・曹操陣営の一発目の写真、郭嘉と…りゅ、劉備…??
 許都の写真、他になかったのかな〜?

 「ココが違う!!」コーナーでモヤモヤが少々解消された^^
 趙雲や貂蝉、出ずっぱりの謎(?)が解けた…

 中の人インタビューは、衛星劇場 特設サイトに載ってるモノの
 ロングバージョンっぽい。

 ちなみに、掲載されている登場人物 ※()内はページ数

 【魏】
  曹操(4)、張遼(2)、許チョ(2)、荀イク(1)、程イク(1)、郭嘉(1)、
  夏侯惇(1)、曹仁(2)
 【呉】
  孫権(4)、周瑜(4)、孫堅(1)、孫策(1)、魯粛(1)、黄蓋(1)、
  大喬(1)、小喬(1)、
 【蜀】
  劉備(4)、関羽(2)、張飛(2)、趙雲(2)
 【後漢】
  呂布(4)、貂蝉(2)、董卓(2)、献帝(1)、王允(1)、陳宮(1)、
  袁紹(1)、袁術(1)、許攸(1)、劉表(1)、蔡瑁(1)

 陳宮にはもっとページ数割いてもよかったんじゃ…
 結構、活躍してるよ、彼。


■ストーリー紹介
 部ごとに登場人物紹介と年表あり、話ごとに地図あり、という親切設計。
 「通の目線」コーナーでは、お前らここ押さえておけよ、と やさしく指南。
 コラムとして、「十八鎮」等のキーワード、「質素倹約」な曹操の性格等、
 ドラマのはみだしネタをさりげなく教えてくれる。
 

■監督インタビュー
 6ページ。監督のアツいこだわり云々。


■合戦クローズアップ
 官渡、赤壁、共に8ページずつ。
 地図、戦力比較に加え、
 「原作『三国志演義』では…」という三国演義との比較あり。


■DVD作品紹介
 販促チラシとほぼ同内容。


全ページカラー。141ページ。

まだ、細かく読んでないけど、大体こんな感じ。
もう少し厚みのある紙のが好みだけど…まぁこんなモンか。
キャスト一覧欲しかったなぁ…

さてと、「ココが違う!!」コーナーでも読んでまったりしよう。

***目次***
5W1Hで読み解く三国志超入門
主要登場人物紹介 魏 曹操陣営
主要登場人物紹介 呉 孫権陣営
主要登場人物紹介 蜀 劉備陣営
主要登場人物紹介 後漢
ストーリー紹介1 群雄割拠篇概説
監督インタビュー
ストーリー紹介2 中原逐鹿篇概説
合戦クローズアップ1 官渡の戦い
ストーリー紹介3 赤壁大戦篇概説
合戦クローズアップ2 赤壁の戦い
DVD作品紹介

評価:★★★★☆

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview


新版 旧版 みんなちがってみんないい
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック