2011年05月04日

三国志 演義から正史、そして史実へ

渡邉義浩


暴君董卓の意外な美点、曹操が文学に託したもの、劉備と諸葛亮の葛藤…
あなたの知らない三国志がここにある。




日本人をも魅了し続ける、三国志。
しかし、『三国志演義』や、それを下敷きにした小説・ゲームの世界は
「虚構」に満ちている。
また、「正史」と呼ばれる歴史書の『三国志』も書き手の偏向がつきまとう。
本書は、一般に親しまれている『演義』を入り口に、「正史」の記述を検討。
そして、史実の世界へと誘う。


「義」を「演」繹するために勧善懲悪のアレンジが加えられた
『三国演義』はもちろん虚構。

西晋時代に書かれた正史『三国志』は、
西晋にとって「正」統な歴「史」であり、正しい歴史とはいえない。
元蜀臣であり西晋の官吏である書き手・陳寿の偏向や政治的思惑が存在する。

そういう虚構や偏向を排除し、色んな文献を検討して、
史実に迫る、という本。

蜀を持ち上げるために悪者にされた魏。
蜀魏ライバル対決のために道化役にされた呉。
敵役曹操の凄さを引き立てるために無能に描かれた袁紹・袁術。
諸葛亮至上主義のために愚鈍化された劉備。
なんだかんだで神格化された関羽。

なんでこうなったの??をズバリ解決。

特に、英雄 vs 英雄の水面下で行われていた、
君主 vs 名士のせめぎ合いは興味深い。

劉備と諸葛亮の微妙なパワーバランス、
魯粛のトリッキーな発想力と実行力(マジ魯粛△)、
孫晧、竹林の七賢、陸機… ん、読み応え有り!

***目次***
第1章 演義と正史-それぞれの限界
第2章 二袁の真実-「漢」の重みと簒奪
第3章 「奸絶」曹操-変革者の実像
第4章 悲劇の国、孫呉-道化とされた男たち
第5章 「義絶」関羽-神となった英雄
第6章 「智絶」諸葛亮-劉備とのせめぎあい
第7章 分かれれば必ず合す-三国志の終焉

評価:★★★★★

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview




ラベル:三国志 三国演義
posted by 1ca8ca at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 三国志関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。