2011年07月23日

[DVD]三国志 Three Kingdoms 第20話「劉備、命を受ける」


中国古典の名著「三国志演義」に基づき、
三国時代の英雄たちの姿を史実に沿って描いた歴史大河ドラマ。




サボりすぎた。色々忘れた。
とりあえず、今日観たのだけ、簡単に感想。

第2部 -中原駆逐- 第20話「劉備、命を受ける」

<できごと>
■献帝と劉皇叔は臭い仲
■お墓参りで忘れ物、董承ドッキリ
■この玉帯、オレっちのが似合うもん
■趣味はニラを育てること
■パブロフの犬の応用ですわ
■夢に人を引き込む男と引き込まれない男
■「余と君だ」ドーン!
■趙雲は帰る場所を失いました
■ハーイ、袁術退治はオレがやりまーす


<感想>
急に怒鳴っちゃう劉備さんかっけーっす。

董貴妃ちゃん、かわいーっす。

連れションとか、トイレで密談とか、
なにかと臭い仲がお好きなようで・・・

曹操の梅でツバだく武勇伝、前も自慢してなかったっけ?
気のせいかな??

英雄談議で「曹操」の名をあえて挙げない劉備のドSっぷり。

雷にビビった???ずっと冷静だったぞ。

その前に、曹操さんが一生懸命お話してんだから、
お箸は一旦置こうよ。
それとも、図星すぎて目も合わせられないから、
食べてるふりで誤魔化している描写?

趙雲は有難く借りパチ致します、公孫殿。

曹操の演技、相変わらずユーモラスだけど、凄味倍増!!

***あらすじ***
献帝はこれまでに自らがなめてきた辛酸を劉備に語り、
英雄としての大業をなしとげ、漢の皇室を守るようにと頼む。
劉備は心を動かされ、必ずや曹操を排除すると誓う。
国舅(皇后の父)の董承から血で書かれた詔書を示された劉備は、
天下の英雄たちと連携し、賊をのぞき、漢を助けん、という使命感を持つ。
一方、袁紹が公孫瓉を破ったとの知らせを聞いた曹操は…。

評価:★★★★☆

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック