2011年11月05日

殷周伝説 太公望伝奇(20)地獄谷の死闘

横山光輝

周軍の死の行軍続く!
潼関の天才少年。
澠地の馬。
敵は格違いを見せつける。




表紙は、雪の中の哪吒ちゃん。

クライマックスなので、だらだらあらすじは書かずにいよう。

前巻に引き続き、潼関 vs 周軍。
父の仇討に燃える卞吉の「旗扞の策」、から、
黄土高原、澠池城へ…
ゴリ押し出陣した黄飛虎と四天王は、澠池城城主・張奎・高蘭英夫妻と戦い、
高蘭英の「太陽針」によって視力を奪われた黄飛虎は自害、四天王も全滅!!!、まで。

えーーーーーー!!!黄飛虎…マジかよぉおおおおお!!!!!!!
イケメン要員(?)だったのにぃいい。
「女に不覚をとるとは…」はセクハラ発言。

黄飛虎四天王の龍環って影薄いよな。
前半活躍してたっけ??? 顔に傷がある人だっけ???

紂王にもビシっと言っちゃう微子様(紂王の兄)かっけー。
すかさず援軍少人数にしちゃう妲己様かっけー。

芮吉「そなたのような術を使える者がいるならば城門を開けることもできるであろう」
土行孫にその質問はタブー。

卞吉、言い過ぎ。口は災いの元の典型。

出歯と釣目夫婦仲良し。「高蘭英」「あいよ」微笑ましい。
微笑ましいけどぉ……黄飛虎ぉおおおおおおおお!!!!!

だから、ゴリ押し出陣は認めちゃダメなんだよ、呂尚さん。
「それがしがもう老いたということでござるか」や哀愁漂う背中、
死亡フラグびんびんだったよ。
うぅ、ショック過ぎる…(黙祷)

あ、あと、武王の弟・姫叔明と姫叔昇も戦死。
彼らもゴリ押し出陣だったな…(合掌)

***あらすじ***
地獄谷の毒気にやられて周軍の将は、次々と捕虜に。
紂王は援軍を派遣、ケ昆と芮吉を送りこむ。
呂尚は地獄谷の敵の旗を変換させ、滝関軍を混乱に陥れる。
さらに紂王を見限ったケ昆と芮吉により、滝関の城門は開かれた。
澠池城へ向かった周軍は苦戦。
呂尚に掛け合い出陣した黄飛虎は最期をとげる。

***目次***
卞吉の挑戦
地獄谷の合戦
援軍要請
ケ昆と芮吉
旗扞の秘策
潼関陥落
難所黄土高原
澠池城攻防
澠池騎馬隊
太陽針
・殷周伝説関連地図

評価:★★★★☆

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview




posted by 1ca8ca at 13:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣殷周伝説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。