2011年11月10日

[中国ドラマ]孫子兵法(原題:兵聖) 1〜5話

孫 武:朱亜文 チュウ・ヤーウェン 「高地」「情係北大荒」
高紫蘇:胡静 フー・ジン 「大明宮詞」「孝庄秘史」
国無咎:李泰 リー・タイ 「五星飯店」「天天天藍」
国莫離:何琢言 ハー・ジュオイェン 「鹿鼎記」「大唐遊侠伝」
伍子胥:趙毅 チャオ・イー 「創世の龍」「大明宮詞」

制作国: 中国
制作年:2008年

諸葛亮孔明や曹操が戦略の根基とした無敵の兵法。
その世界的に有名な兵法書の生みの親、
孫武(そんぶ)の波乱に富んだ半生
を、史実をベースに描いた歴史大作ドラマ。




タイトル似てるけど、『孫子≪兵法≫大伝』じゃない方。


BS日テレで鑑賞中。
5話ずつまとめて簡単な感想を書く…つもり。

BS日テレ 中国ドラマ『孫子兵法』:http://www.bs4.jp/drama/sonshi/

***あらすじ***
物語は、兵法書『孫子』の作者とされる孫武の青年期から始まる。
時は、春秋時代。場所は斉国。
斉といえば、太公望 呂尚が初代君主。
このドラマでは、26代目 景公が治めている。

外患内憂――
ただでさえ戦乱の世、群雄割拠で大変なのに、
国の中枢を担う高官たち(田氏、鮑氏、国氏、高氏)は対立してて一触即発。
暗愚な景公は、宰相 晏嬰に頼りがち…

そん中にありながら、田氏一族である孫武は、
まっすぐ素直に聡明に、文武両道極めつつ青春を謳歌してるわけで…

ちなみに、孫姓は祖父である孫書が軍功によって賜った、とのこと。

全41話。

----------

***第1話 天賦の才能***
家同士が険悪でも、孫武は気にしない。
友情、そして、恋の予感。

・お、ちゃんとドラマドラマしてる。
 相変わらず、唐突に終わるけど、クリフハンガーって奴なの?
・EDテーマ…頭ぐるぐる曲になりそうな予感。


***第2話 戦勝の確信***
戦に一兵卒として参加した孫武は色々あって出世した。
国無咎ともお友達になれたし、兵法マスター田穰苴ともお近づきに。

・「成仏」ってセリフに違和感。中国の仏教伝来は確か… まいっか。
・田穰苴は北大路欣也さん似だって母ちゃんが言ってた。


***第3話 切なき想い***
国無咎も好きらしいけど、抜け駆けして高紫蘇にコクる。
家同士が険悪とか、そんなの関係ないのが孫武流。
濡れ衣着せられて牢屋に入れられたけど、きっと国無咎が助けてくれる。

・孫武の牢屋へひとりひとり順番に面会にくる人々にじわじわきたw
・国無咎・莫離兄妹が不憫過ぎる。


***第4話 友情の力***
走れメロス、いや、走れむきゅぅ!!!! で、孫武無罪放免。
田穰苴のお供で軍縮会議 in 楚国。伍子胥初登場。

・むきゅぅちゃん、イイ人すぎる。
・伍子胥はブラマヨ吉田さん似だと勝手に思ってる。


***第5話 勝手な道理***
楚国から帰国するも、氏族間の権力争い激化。
バランサー晏嬰宰相暗躍す。
権謀術数渦巻く中、孫武たち若者は無駄にもがく。

・孫武の莫離へのお土産って・・・
 紫蘇に贈った琴を包装していた布っきれでありませんように。


史実ベースと言っても昔のこと過ぎてアレだけど、
ドラマとしてはサクサク進んでるし、今のところイイ感じ。期待。


■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview




この人、紫蘇ちゃん?



posted by 1ca8ca at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣孫子兵法(兵聖) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。