2011年11月30日

[新世界]透明標本

冨田伊織

骨が染められ筋肉が透明になった魚類や甲殻類などの標本たちが、
清涼感、浮遊感とともにアナタに迫る写真集。
未体験の驚きと感動、新たな芸術。




特殊な薬品につけて筋肉を透明化、軟骨-青、硬骨-赤に染色。

魚類、とりわけ深海魚はただただ美しい。
両生類、爬虫類、鳥類、哺乳類と進むにつれ、
美しさの中に若干のグロさというか…心苦しさを感じるのは、
われわれ人間の姿かたちに近付くからだろうか。

巻末の「標本ガイド」には、
注目すべきポイントが標本ごとに書かれている。

***目次***
透明標本の世界
Chapter 01 魚類(深海魚)
Chapter 02 甲殻類
Chapter 03 軟体動物
Chapter 04 魚類
Chapter 05 両生類
Chapter 06 爬虫類
Chapter 07 鳥類
Chapter 08 哺乳類
なぜ透明な世界に惹かれるのか

評価:★★★★☆

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview


posted by 1ca8ca at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック