2011年12月22日

[中国ドラマ]孫子兵法(原題:兵聖) 16〜20話

孫 武:朱亜文 チュウ・ヤーウェン 「高地」「情係北大荒」
高紫蘇:胡静 フー・ジン 「大明宮詞」「孝庄秘史」
国無咎:李泰 リー・タイ 「五星飯店」「天天天藍」
国莫離:何琢言 ハー・ジュオイェン 「鹿鼎記」「大唐遊侠伝」
伍子胥:趙毅 チャオ・イー 「創世の龍」「大明宮詞」

制作国: 中国
制作年:2008年

諸葛亮孔明や曹操が戦略の根基とした無敵の兵法。
その世界的に有名な兵法書の生みの親、
孫武(そんぶ)の波乱に富んだ半生
を、史実をベースに描いた歴史大作ドラマ。




全41話の16〜20話。楚呉戦争クライマックス!!

第16話から、急に伍子胥の中の人が気になり始めた。目ギョロ。
『碧血剣』ってのにも出てるみたい…観よっかな。

…でも、おヒゲない(´・ω・`)

***第16話 非人道的な策***
史黄ダブルスパイ作戦は、より読みの深かった孫武に軍配が上がるも、
楚軍は柏挙城籠城、膠着状態に。
兵糧の残量を心配した呉王は伍子胥の悪魔的作戦を採用。
結果 孫武と国無咎の関係はさらに悪化する。

・伍子胥の「お前の父ちゃんデベソ」作戦…むきゅぅを目血・吐血させる文才に嫉妬。
 「大将軍傷つけちゃうよね(´・ω・`)」とか言いつつノリノリで書いたんだろ?? 
・史黄横っ跳びヘディング自害…むきゅぅ目血のせいで霞みがち。
・将軍って、口が疲れるほど悪口言うお仕事もあるんだね、大変だね。


***第17話 背水の陣***
国無咎は敢えて背水の陣を敷くも、孫武は全てお見通し。
孫武がお見通しなことを国無咎もお見通しだが、嚢瓦はまた渡河した…
勢いに乗じ、楚の都・郢へと侵攻する呉軍に沈尹戌親子が立ちはだかる。

・嚢瓦、むきゅぅを連れて渡河するところが世話焼きさん。
・あ、田乞まだいたんかい。
・伯嚭はコツコツ夫概洗脳に勤しむ。
・沈尹戌親子、強過ぎる…
・昭王ついに覚醒!!どうなる、費無極!?


***第18話 決死の闘志***
楚の申包胥は費無極の首を土産に呉王に和睦を願い出るが、
抗戦派の国無咎の策略により交渉決裂。
両軍熱くなってる中、孫武だけはせっせと「戦わずして勝つ」作戦遂行中。

・気付けば…ほぼ外国人同士で戦ってるよね、私怨ばっか。
・伍子胥、復讐鬼パワー押さえてるなぁ…
・そうだった、伍子胥逃がしたの申包胥だった、忘れてた。
・暗殺者に素早く対応できる呉王かっこよすぎてホレタw
・棺桶交渉中の孫武の背景がCG過ぎてヤダ。別撮り??
・伯嚭の謀略またしても不発…なんでこの人側近になれたのー?


***第19話 無戦開城***
孫武の離間の計にハマった昭王は人間不信に陥り逃亡。
主を失った楚は降伏、無血開城。
国無咎は孫武の口添えで一命を取り留めるが…

・今さらだが孫武の小顔が目に余る。黥豺・呉王と一緒だと遠近法崩壊。
・目ん玉かっ開く昭王がかわいく見えてきた。
・降伏派を粛清した直後に降伏するむきゅぅ。
・高厥がやたら機敏。こんなん高厥ちゃう。もっとチャランポランな子やで。
・伍子胥の鞭キターーーと思たら…不発。勿体つけやがるゼ!!
・伯嚭…国無咎と因縁あったっけ??
・楚の女は美しい…??


***第20話 楚王の玉座***
国無咎は伯嚭を操り、呉王はハーレム三昧、夫概は刺激的な女をgetできず悶々、
伍子胥は昭王を雲夢沢まで追い詰めるも悪臭に負け、仕方ないので平王の死体を恩伯と探す。
孫武は早くお家に帰りたい。

・で、伍子胥ムチムチタイムまだー?
・声を合わせて、「ご名案であります」ゆったのに、呉王のエロ堕落っぷり。
 「大王〜Y」目隠し鬼ごっこ楽しそう。
・孫武は呉王に捕まったのだから接吻しなきゃ。王様の命令は絶対!!(`・ω・´)キリッ
・伯嚭、むきゅぅに強硬と思ったら…そんな過去があったのね。
・むきゅぅと夫概の刺激的な女探し楽しげ。
・伍子胥は墓前に髪少々。むきゅぅは血だったのに… 伍子胥もっと頑張れよ。


伍子胥の焦らしプレイのせいで次回が楽しみすぎる。
第19話で鞭をチラ見せ、第20話で「平王の墓探そうぜ」発言…
徐々に近づく、死屍に鞭打つタイム。
もう伍子胥の眉間のしわから目が放せない。

…で、むきゅぅはそろそろ退場かなぁ??

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview


posted by 1ca8ca at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣孫子兵法(兵聖) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック