2012年01月10日

[中国ドラマ]孫子兵法(原題:兵聖) 21〜25話

孫 武:朱亜文 チュウ・ヤーウェン 「高地」「情係北大荒」
高紫蘇:胡静 フー・ジン 「大明宮詞」「孝庄秘史」
国無咎:李泰 リー・タイ 「五星飯店」「天天天藍」
国莫離:何琢言 ハー・ジュオイェン 「鹿鼎記」「大唐遊侠伝」
伍子胥:趙毅 チャオ・イー 「創世の龍」「大明宮詞」

制作国: 中国
制作年:2008年

諸葛亮孔明や曹操が戦略の根基とした無敵の兵法。
その世界的に有名な兵法書の生みの親、
孫武(そんぶ)の波乱に富んだ半生
を、史実をベースに描いた歴史大作ドラマ。




全41話の21〜25話。後半突入!!
攻めるは易し、守るは難し。


***第21話 偽りの平和***
申包胥は庭いじりで忙しいので宰相の座はチャラい為射に。
息子の子西はイラっとして孫武暗殺未遂。
国無咎はへべれけ夫概を唆し、呉王には楚の国母である孟贏をあてがう。
伍子胥は平王の墓探しにもう夢中。

・玉鹿(ぎょくろく)、ジップロックに空耳。
・孫武の竹簡ファイッ。


***第22話 民衆の怒り***
呉王は国母を凌辱するわ、伍子胥は死屍に鞭打つわ、
黥豺は暴れちゃうわで、孫武涙目。
どれもこれもみんな国無咎が悪いんや。

・水銀に浸っていた平王の遺体は臭いけど、
 天を仰ぎ見てすぐ自分の世界に浸る伍子胥は気にしない。
 沼の臭気にも死体の臭気にも勝る復讐心。
・「親族の皆様ァ〜」って訳はいささか…w
・鉢巻の字(「酉」の下に「大」)なんて読むんだろう??


***第23話 愚行の末***
昭王は徹底抗戦を決意、子西は義勇兵を結成、
申包胥は秦王に援軍を要請…楚の反撃開始。
その上、越が呉の都へ侵攻。
孫武は撤退を訴えるが、呉王は迎撃の指揮権を夫概に与えてしまう。

・無咎「計 画 ど お り」
・申包胥はガッツあるけど、伍子胥にはツンツンしがち。
・快晴⇒豪雨 のためとはいえ…相変わらず、粗いCG…
・伍子胥降格、代わって伯嚭昇格。え?伯嚭でいいの??
・紫蘇妊娠!?


***第24話 兄弟の謀反***
楚秦連合軍がやってくるわ、夫概は呉の都でクーデター起こすわで、
一年間の楽しい占領生活終了。
侍女お持ち帰りも阻止された呉王の運命やいかに。
それもこれも全部国無咎が悪いんや。

・呉王「そなた(伯嚭)は予の良き理解者だ」
 孫武、伍子胥とはゲーセワな話できないもんね。伯嚭は呉王の癒しだったのね。
・昭王はすだれ前髪がなくなって男前度UP!!
・為射居づらそうなフリしてるけど、どうせ居座るんでしょ?と思ったらあっさり…
・虞夢=田穣苴??


***第25話 兵法の奥義***
孫武の策により楚秦連合軍の追撃を断ちきった呉軍は呉の都・姑蘇へ。
しかし、夫概が立て籠もる姑蘇城は難攻不落でもう大変。
それもそのはず、孫武と伍子胥プロデュースのお城だもん。
でも、ご安心。「抜け穴があるんですよ」と伍子胥さん。

・弟にくるくるパァ〜しちゃダメよ、呉王。
・ささやき女将ならぬささやき将軍・むきゅぅ。
・妊婦・紫蘇は順調そうで何よりです。
・翟芊すっかり嫁気取り。って、もう嫁だったっけ??
・虞夢は孫武の迷いの具現化なのかな??


楚に来てからは後手後手で、気を抜くとすぐ空気状態な孫武。
楚を出たし、また神のごとく采配が始まるのか?

むきゅぅはここんとこずっといらない子だけど、
むきゅぅのあとは、妻・翟芊との心理戦だって??
…夫婦喧嘩ってこと?

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview


posted by 1ca8ca at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣孫子兵法(兵聖) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック