2012年06月10日

へうげもの(3)

山田芳裕

巨星・信長墜つ
後継レースの主役は、言わずとしれた光秀と秀吉
竜虎相打つ山崎の戦いを通じ
光秀は「わび」そして「さび」の境地に至る
戦国の世に虚しさを抱いた左介もまた
出世より数奇へと深く心を傾けてゆく
……1582年=天正十年夏、男たちの、~あきらめの夏~




1582年6月 2日 本能寺 真っ二つになってもノブ平気だよ、から、
1582年6月14日 近江国・坂本郡 延暦寺に向かう明智グサッ、まで。

上田左太郎が古田左介意匠の旗に魅せられた巻。
つるつる坊主頭、増殖中。

***目次***
第二十一席 哀しみの天主
 (悲しみのアンジー/THE ROLLING STONES)
第二十二席 無法の都
 (無法の街/Thin Lizzy)
第二十三席 焼け跡の余韻
 (ブラジルの余韻/EARTH,WIND&FIRE)
第二十四席 孤立のメッセージ
 (孤独のメッセージ/The Police)
第二十五席 信長 ON MY MIND
 (我が心のジョージア/Ray~~ Charles)
第二十六席 ホワイトキャッスルブルース
 (ホワイトキャッスルブルース/THE SMITHEREENS)
第二十七席 転がる糞のように
 (ライク・ア・ローリング・ストーン/Bob Dylan)
第二十八席 SUKIYAKI
 (上を向いて歩こう/坂本九)
第二十九席 夏をあきらめて
 (夏をあきらめて/サザンオールスターズ)
第三十席  しがない歩兵
 (ONLY~~ A~~ PAWN IN THEIR GAME/Bob Dylan)
第三十一席 哀しみのミッドナイト・パープル
 (哀しみのミッドナイトブルー/George Harrison)

評価:★★★★☆

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview


posted by 1ca8ca at 01:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣へうげもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック