2012年06月10日

池上彰の宗教がわかれば世界が見える

池上彰

人はなぜ宗教を求めるのか?
日本人は「無宗教」なのか?
スピリチュアルブームの正体は?

仏教、キリスト教、イスラム教の3大宗教から、神道、ユダヤ教まで、
7人の賢人と池上さんが読み解いた。
世界を正しく理解するために必要なエッセンスがこの一冊に。




第1章以外は対談形式。
日本でいう「無宗教」の「無」は仏教の「無」であり「空」である
という養老先生のお話に納得。なるほど〜

「おわりに」で著者が書かれている通り、全体を概観するレベルの内容。
想像以上に浅い仕上がり。薄味。
でも、それゆえ、誰にとっても読みやすいのかも。
宗教の「しゅ」の字も知らない方におすすめの一冊。

***目次***
第1章 宗教で読み解く「日本と世界のこれから」
   ―東日本大震災・ビンラディン殺害・中東革命
第2章 宗教がわかる!ほんとうに「葬式はいらない」のですか?
   ―vs.島田裕巳(宗教学者)
第3章 仏教がわかる!1 「南無阿弥陀仏」とはどんな意味ですか?
   ―vs.釈徹宗(浄土真宗本願寺派如来寺住職)
第4章 仏教がわかる!2 仏は「生・老・病・死」を救ってくれますか?
   ―vs.高橋卓志(臨済宗神宮寺住職)
第5章 キリスト教がわかる!「最後の審判」は来るのですか?
   ―vs.山形孝夫(宮城学院女子大学名誉教授)
第6章 神道がわかる!日本の神様とはなんですか?
   ―vs.安蘇谷正彦(國學院大学前学長)
第7章 イスラム教がわかる!『コーラン』で中東情勢がみえますか?
   ―vs.飯塚正人(東京外国語大学教授)
第8章 宗教と脳がわかる!「いい死に方」ってなんですか?
   ―vs.養老孟司(解剖学者)
おわりに 宗教は「よく死ぬ」ための予習

評価:★★★☆☆

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview


posted by 1ca8ca at 08:17| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック