2013年02月14日

ガラスの仮面(49)第14章 めぐりあう魂(3)

美内すずえ

視力に異常がある姫川亜弓は、廃墟の「紅天女」試演会場に不安を…。
対照的に「ごっこ遊び」の感覚で楽しもうとする北島マヤ。
が、亜弓は廃墟に一瞬梅の谷を見て!?
一方、自分の決断のために心を病んでしまった鷹司紫織に速水真澄は!?
2012年9月発行




試演会場となる廃墟での合同記者会見、から、
ついに「紫のバラのひと」として速水さんに会える!?、まで。

「亜弓さん…!こんな日がくるなんて…!」
「マヤ…わたしのライバル…!」


いやいやいや、こんな日くるに決まってるやん。
ずっと競ってきてたやん。
亜弓さんもそのセリフ何度目やねん。

マッド紫織さん、これでもかこれでもか、っと、火の中水の中。
粘り勝ちで、婚約破棄なしよ!に。
マヤと速水さんがまたまたまたまたまたスレ違い……
かと思いきや、聖キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!

速水さんのナイフ……あれ、余裕でアウトだと思う。
完全に急所狙ってるし。聖さんは通報するべき。

とにかく、亜弓さんがんばっ!o(・ω・´ o)(o`・ω・)o
ハミルさんにコート投げつける亜弓さんカッコよすぎ☆

評価:★★★☆☆

ブログランキング参加中。
気が向いたらクリックしてくださーい。



posted by 1ca8ca at 13:24| Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック