2013年04月03日

[映画]アヒルと鴨のコインロッカー

原作:伊坂幸太郎『アヒルと鴨のコインロッカー』
出演:濱田岳/瑛太/関めぐみ/田村圭生/松田龍平
製作年:2006年
製作国:日本

人気作家・伊坂幸太郎の同名小説を映画化した
ミステリアスな青春ドラマ。
仙台に引っ越して来た椎名は、出会ったばかりの隣人・河崎から
奇妙な計画を持ち掛けられ…。




テレビで鑑賞。
原作未読。


変なタイトルなので前々から気になってた。
レビュー見たら、かなり評判がいい。
伊坂作品。あぁ、『ゴールデンスランバー』の人か……
テレビでやってるし、いっちょ観てみるか〜というノリで見始めたけど……

うーーーー、胸が痛い(´;ω;`)
ネタバレしちゃいけない種類の映画なので多くを語ることは致しません。
が、少しだけ。

淡々としていながら、切なく、
どこかしらふわふわしているけど、救いがなく、
コメディタッチなのに、残酷。

内容的には、どうなんだろう……深いような、浅いような。
とにかく、口当たりがいいのに、後味が苦い。
そのせいで、少々後を引く感じ。不思議。ファンタジック。

椎名の「そこって、遠い国なんだろうね」ってセリフ。
聴き取れなくて、何度も巻き戻したんだけど、
聴き取れた瞬間、切なさが止まらなくなった……
遠い遠い国で、ひとり……ぽつり……(´;ω;`)

あと、鑑賞後しばらくはどうしても歌っちゃうよねぇ(´・ω・`)
歌詞知らんけど。


骨太ではないけれど、雰囲気がとにかくいい映画。
どちらかというと女性向きかな??

評価:★★★★☆

ブログランキング参加中。
気が向いたらクリックしてくださーい。



posted by 1ca8ca at 05:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ・映画・アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック