2013年11月25日

[映画]英国王のスピーチ

監督:トム・フーパー
出演:コリン・ファース/ジェフリー・ラッシュ/
   ヘレナ・ボナム=カーター/ガイ・ピアース
製作年:2010年
製作国:イギリス・オーストラリア

人前で話せない男が、国民の望む“真の王"になるために
マイクへ向かう―。
困難に立ち向かっていく英国王の真実の物語に全世界が熱狂した、
2011年最高の話題作!!




子供の頃から吃音のために無口で内向的なジョージ6世が国王に即位。
折しもヒトラーの率いるナチスドイツとの開戦を余儀なくされる中、
王は国民の心をひとつにすべく渾身のスピーチに挑む。


テレビでやってたのを鑑賞。
歴史ドラマなので当然ながら、派手さもなく、驚くような展開もないが、
しみじみとしたよい映画。
吃音が出るたびに、観ているこちらも手に汗握ってハラハラ (((( ;゚Д゚)))
ラストのスピーチではハラハラしすぎて涙目に。

あ、でも、チャーチル首相……(*´,_ゝ`)
ある意味すごく目立ってた。

あと、王妃様は大竹しのぶさんだった……

以下、ネタバレ
















結局、ライオネル呼びしなかったね(´・ω・`)
身分の圧倒的な違い、けじめ的なモノかもしれないけど、
作品としては「おぉ!わが友、ライオネル!」(抱擁)を期待してしまったw
シャーロック・ホームズも、あんなに仲良し(?)なのに「ワトソン」「ホームズ」だし、
ファーストネームで呼び合う習慣のない時代だったのかも知れないなぁ…
だったら、呼び捨てで「ローグ」でもかなりの親密度?


評価:★★★★☆

ブログランキング参加中。
気が向いたらクリックしてくださーい。



posted by 1ca8ca at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ・映画・アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック