2013年11月27日

夢を売る男

百田尚樹

「知っているか?
 現代では、夢を見るには金がいるんだ」




百田さんの本は、『風の中のマリア』とこれで2冊目。
相変わらず、簡潔な文章。技巧的でないので、サクサク読めます。

本書は、出版界(自費出版)を舞台としたブラックコメディ。
「作家志望者は読んではいけない!」らしい。
作家志望者に限らず、わたしのような単なる自己満足ブロガーも、
主人公である敏腕編集者・牛河原部長の毒牙にかかれば……
あれよあれよと夢ごこちのままカモにされるっ(((( ;゚Д゚)))怖いよぉおおお。

牛ちゃんによる、元テレビ屋の百田某についての評あり。自己パロディ。
鼻くそほじってばかりと思いきや、ラストでなんと……!!
続きは見てのお楽しみ、と。

自費出版したくなったら、とりあえず電子書籍化でいいんじゃない?と思うけど、
丁寧に製本された本に頬擦りする幸せってのもあるなぁ……
小学生の頃、製本された学級文集配られた時は、すごく嬉しかったもん。
印刷の匂いに恍惚(*´ρ`*)


お金払って夢が買えるなら、それはそれでいいよね。
自分さえ納得しているのなら。
思いっきりカモ気質な自分を再確認。

***目次***
1 太宰の再来
2 チャンスを掴む男
3 賢いママ
4 トラブル・バスター
5 小説家の世界
6 ライバル出現
7 戦争
8 怒れる男
9 脚光
10 カモ

評価:★★★★☆

ブログランキング参加中。
気が向いたらクリックしてくださーい。





posted by 1ca8ca at 06:56| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。