2013年12月17日

幸福な生活

百田尚樹

最後の1行がこんなに
衝撃的な小説はあったろうか。




文庫版もあるみたい。こっちの表紙は明るいな!


短編集。
ラスト1行でドキッとさせるギミック付きのショートショート。

ラスト1行残しでうまい具合に改ページされているけど、
これはやはり計算して書かれているんですよね?
行ピッチをいじってるわけではないですよね?

短編集はランダムに読む派なんですが、
この本でそれをやると、ページめくっている間に、
オチの1行がチラりと見えてしまいさっぱりわやになる……(´;ω;`)
順番どおり読むことをお勧めします。

すべての話にきっちりオチがついていて、几帳面さを感じる。
話の内容は、『世にも奇妙な物語』的なイメージ。ブラックユーモア。
結末が予想できる話も、まぁ、多々あります。

文章は相変わらず読みやすいです。
サクサク気楽に読めちゃう。

***目次***
母の記憶
夜の訪問者
そっくりさん
おとなしい妻
残りもの
豹変
生命保険
痴漢
ブス談義
再会
償い
ビデオレター
ママの魅力
淑女協定
深夜の乗客
隠れた殺人
催眠術
幸福な生活

評価:★★★☆☆

ブログランキング参加中。
気が向いたらクリックしてくださーい。





posted by 1ca8ca at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。