2014年02月05日

残酷な神が支配する(5)〜(8)

萩尾 望都

グレッグの偏愛に、ひとり悩み追いつめられていくジェルミ。
だが、オルガニストのナディアや少女・バレンタインのやさしさに救いを見出そうとする。
そんな矢先に……。






ついにジェルミ壊れる。
そして、1巻冒頭のシーンに戻る。

萩尾望都イラスト集 残酷な神が支配する [大型本] / 萩尾 望都 (イラスト); 小学館 (刊)


■5巻■
ジェルミ 寮お引越し、から、
傷害事件を起こした罰でボストン旅行取りやめ、まで。

前巻までに下ろされた救いの糸がことごとく切れる。
オーソン先生(´;ω;`)
ジェルミの精神崩壊が加速する。

グレッグ48歳のお誕生日会。
久々に変なお面。このお面はここぞという時にしか使わないのか…?
凍りつく、ジェルミ・ナターシャ・マット。グレッグ被害者の会。

グレッグ、シャロンの乳も鷲掴み……怖いわ怖いわ。

まさかのサベージ。まさかのサベージ。
戸惑いが隠せない >< 裏切られた感ハンパない。


■6巻■
傷害事件を起こした罰という名目でベルト打ち、から、
1巻冒頭のお葬式のシーンに至り、
事故現場へ向かうイアンとそれに便乗する保険調査員リンドン、まで。

鶏とやった少年時代の想い出話を聞かされたり、
イースターエッグを産まされたり、
通学中にカーセックスだったり、
首絞め、気絶、白目だったり、
バリエーション豊富すぎ!もうやめてあげて!!!!!
君はなんて私の欲望に似合っているんだろう とか、
君が私をそうさせる とか、責任転嫁すんな、変態親父(#゚Д゚)ゴルァ!!
…ってとこでジェルミついに殺人計画実行。
奇しくも自分の誕生日に(´;ω;`)

サンドラ、流産してたのか。
まぁ、彼女も大変だったのだろうけどさ……でもさ……

グレッグ、ジェルミ似の秘書にも手を出していたのか。
結局、黒髪が好きなの?金髪が好きなの?
ナターシャの髪の色はなんなのよ?

自称ダメンズウォーカーなナディアは、
ジェルミを助けてくれると信じていたのに。
牛柄のイアンを選ぶとは…(´・ω・`)もぅ〜


■7巻■
イアンとリンドン 事故現場検証、から、
ジェルミついに殺害動機をイアンに告白し闇に消える、まで。

カバーに書かれた作者の言葉。
「……“何ひとつ気づかないでイアンってアホ”といわれ続けてるイアンですが、
 もしもイアンの目線から描いて読者にも何ひとつ気づかせないで
 ボート小屋のシーンにもっていったらどうなるか?……」


連載当時の読者も「イアンのアホ」って思っていたんですね。わたしもです。
気づかなくて当然なんだけど……アホアホアホ!
いや、イアンのばか。

狂暴な気分だからチューとか、誘われたら金的とか、
「犯してやろうか」とか、イアンが時々グレッグに見えるよ(ノД`)

サンドラがなんかもう色々よく分からん。
恋に落ちると日記をつけだす癖がある母親を持った経験がないから、よく分からん。


■8巻■
池に落ちた(飛び込んだ?)ジェルミ救出、から、
ジェルミ告白⇒イアン全否定、ジェルミはリン・フォレストを去り、
イアンに日常が戻ってきた矢先、父親グレッグ秘蔵のお宝を発見して…、まで。

ジェルミ告白。ダブルレイプだよ、つらいよ、がんばったよ。
それなのに、それなのに……イアンのばか。
イアンにとっては尊敬する父親だったのだから仕方ないけどさ。

突然死ぬことを想定して、常に身辺整理しておかねば ((((;゜Д゜)))


ふぅ……
とりあえず、1巻冒頭のネタ明かしが終わったのだけど、
物語はまだまだ続く……
読むのにパワーが必要なマンガです。


ブログランキング参加中。
気が向いたらクリックしてくださーい。



posted by 1ca8ca at 06:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣残酷な神が支配する | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック