2014年03月06日

BILLY BAT(11)

浦沢直樹
長崎尚志

未来から過去を変えることはタブーだが
過去から未来は変えられる……!?
ケヴィンの描いた漫画……
それは実の母より殺人鬼デヴィヴィエへのメッセージなのか!?
時を統べる巻物は遂に!遂に!
ビリーバットの正体を明かすか!?




今までの積み重ねを集約し解決するかに見せかけて、
一気に破壊し明後日の方向へぶん投げる巻。
そして、二代目ケヴィン登場。

1924年ロスアンジェルス、雑風 師匠を探し彷徨う、から、
光森村でのすったもんだは解決というか、強制終了というか……
1981年アメリカ、「僕はビリーなんかじゃない 僕はケヴィン」、まで。


「ビリーバット ビリーバット♪ ビリービリーバット♪
 願いをかなえてビリーバット♪」


ΩΩΩ<な、なんだってー!?

ビリー「俺の正体知りたくねえか?」
ケヴィン「今はそんな場合じゃないんだ」
ビリー「ええ!?」


ΩΩΩ<ええ!?

フィニー「仕方ない ここはリセットだ」

ΩΩΩ<・・・・・・



ロバート・キャンベルさん似の人、さようなら(´;ω;`)

謎は深まるばかりだけど、
パーツ、パーツの繋がりは、おぼろげながら見えてきたような……
うーん、いんや、分かんない ><
続きが楽しみ!!

***目次***
第86話 連載中止
第87話 未来の遺作
第88話 コウモリに願いを
第89話 僕は漫画家
第90話 呪文
第91話 巻物
第92話 巻物の暗号
第93話 新たな旅立ち

評価:★★★★☆

ブログランキング参加中。
気が向いたらクリックしてくださーい。



posted by 1ca8ca at 15:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣BILLY BAT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック