2014年05月10日

湖底の城-呉越春秋-(4)

宮城谷昌光

父と兄を殺した楚に復讐を誓い国を追われた伍子胥は、
呉の国で将軍・公子光の客となり、悲願達成の時を待つ。




この巻は、
斉の孫武に褒小羊を預け、
永翁の宝も見つけ、
父と兄の仇である平王は死んでしまったけど、
公子光、呉王暗殺し、クーデター成功!
公子光 改め 呉王・闔閭 ついに誕生!
華英、華登のいる楚へ向かう、まで。

鱄設諸……(´;ω;`)
伍子胥もやっと客から呉の外務大臣的なアレになりました。


***目次***
斉の国
鐘離の陣
雞父の戦い
青銅の柩
暗殺の矢
黄金の楯
運命の年
鱄設諸
旗と煙
夜襲
初秋の風

評価:★★★★☆

ブログランキング参加中。
気が向いたらクリックしてくださーい。



posted by 1ca8ca at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック