2014年05月29日

鉄コン筋クリート(1)〜(3)【完】

 松本 大洋
純粋な力を信じるクロ。
純粋な心を信じるシロ。
2人の悪童が背徳の街宝町を舞台に繰り広げるアクション。




ピンポン良かったし、他のも読んでみようかと。
タイトルだけアニメ映画化された時のCMで知ってた程度の予備知識。


コミックス版で読みました。
文庫版電子書籍版のほか、
全3巻が1冊に収まった all in one ってのもあり。



ファンタジーというか、童話というか、絵本というか。
読み手に多くを委ねた作品……かなぁ?
5年後、10年後に読み返すとまた違ったイメージになりそうな。
なので、はっきりした答えがすぐにほしい方には不向きかも。

『AKIRA』に似てる気もするけど、
でも、根本的に違うなぁ〜

舞台装置は違えども、
根底に流れるモノは、ピンポンとの共通点も見られます。
登場人物の思想やセリフ、表情などなど。

あと、若干グロ描写あり。
絵的にグロく見えないけど……

読後感は、素直に「よかった〜!」とほっこり。
全体的にはドライで少しあっさりめ。
クライマックスのボリュームが足りない気がする。

ダンディな鈴木さんの大活躍を期待していたのですが、
そういう種類のマンガではなかった(´・ω・`)

無垢というのは、愚かにとても似ていて……
一見、愚か者に見えるシロの言葉の端々に「神」が垣間見える。

「だからシロいっぱいネジ無いの。心のネジ……
 それでクロね、クロもね。いっぱいネジ無いの。心のネジ。

 (中略)
 でもクロの無い所のネジ シロが持ってた。シロがみんな持ってた。」

わたしの無い所のネジ持っている人、カモーン!(´;ω;`)

***目次***
1巻
第1話、レッツ・ゴー2匹の巻
第2話、良い子への道!!の巻
第3話、猫と鼠と犬と街の巻
第4話、夜の散歩にゃ気をつけろの巻
第5話、わんぱくでもいいのか!?たくましく育っていくのか!?の巻
第6話、道徳の時間の巻
第7話、シロが泣くの巻
第8話、血の街+男の子+星の夜の巻
第9話、クロガトブの巻
第10話、ださださ木村マンの巻
第11話、宝町ワルツの巻

2巻
第12話、ネコふんじゃったの巻
第13話、牛乳飲んで骨を鍛えるのだ!の巻
第14話、対人関係にやや難有りの巻
第15話、ネズミがチューの巻
第16話、NO.3の巻
第17話、嘆きのボインの巻
第18話、シロガトブの巻
第19話、シロ隊員待機せずの巻
第20話、僕らはみんな生きている?の巻
第21話、鼓動・調和・迷走・残像・友情・回帰の巻
第22話、クロが泣くの巻

3巻
第23話、地獄変の巻
第24話、しろいろの巻
第25話、ネズミオヤジの観察記の巻
第26話、クロイロの巻
第27話、餓鬼の目に水見えずの巻
第28話、人呼んでイタチの巻
第29話、正しい死体つくり方の巻
第30話、注)良い子は絶対に真似しないでくださいの巻
第31話、まっくろけの巻
第32話、僕たち男の子だぜベイビーの巻
最終話、続・レッツゴー2匹の巻

評価:★★★★☆

ブログランキング参加中。
気が向いたらクリックしてくださーい。





posted by 1ca8ca at 13:14| Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。