2014年08月30日

*[ドラマ]命ある限り戦え、そして生き抜くんだ

無題.jpg キャスト:上川隆也、溝端淳平、北乃きい 他
 製作年:2014年
 製作国:日本
 公式サイト:
 http://www.fujitv.co.jp/inochiarukagiri/index.html


戦争・平和・愛・絆とは何か……
パラオ・ペリリュー島での“知られざる戦い”から70年。
壮絶な戦いの指揮を執った実在の軍人・中川州男(なかがわくにお)氏を
実力派俳優、上川隆也が熱演!!




太平洋に浮かぶパラオ共和国、ペリリュー島はサンゴ礁と青い海に囲まれた豊かな島。
長さ約9km、幅3kmほどしかないその小さな島で、
太平洋戦争末期の1944年、日米の激しい戦闘が繰り広げられた。


ドラマなので、創作も多分にあると思いますが、
ドラマが「知る」キッカケになるといいな、って思います。
不勉強なので、戦前 日本がパラオを委任統治してたことと、
そこで戦闘があったことしか知らなかった。
関東軍、パラオにも転進していたんだ……

ドラマの内容は、ペリリューの戦いを主軸に、
パラオのジャンヌ・ダルク伝説を少し絡めて描かれています。

で、感想ですが……
色々と気になる点はあったけど、まぁ、ドラマだし細かいことはねぇ。
最後まできっちり見れたので、申し分ない。

ただ、和製ジャンヌ・ダルクである小鈴さんの描かれ方が微妙。
戦う理由が、帰る場所がないからか、強姦されたからか、
中川大佐への憧憬なのか、伊藤少尉への愛ゆえか?
伊藤少尉との恋愛モードもとってつけた感じ。
……ツンデレと言われればそうなんだけど。
ラスト、唐突にランボーのごとく機関銃撃ちまくってびっくり(´゚Д゚`)
基本操作は教わっていたんだろうけど、華奢な身体ですごいな、と。

ナビゲーターは池上彰さん。
帰還兵の方の貴重なインタビューが聞けてよかった。

ブログランキング参加中。
気が向いたらクリックしてくださーい。





posted by 1ca8ca at 15:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ・映画・アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。