2015年02月23日

残酷な神が支配する(9)〜(13)

萩尾望都




イアンはジェルミの告白を信じられず、否認した。
しかしその後、イアンは真相を裏づける証拠の品を発見!
ショックを受けたイアンはアメリカへ帰国してしまったジェルミを追って
ボストンへと行くが……。




続きが気になるのに読むのが辛い。

ナディアの妹・マージョリー、バレンタインの双子の兄・エリック等々、
さまざまな人々と交わりつつも、イアンとジェルミの関係は濃度を増していく。


■9巻■
真相を知ったイアンはボストンにいるジェルミに電話をするが…、から、
カッターナイフでキャス腹を切り病院へ、まで。

■10巻■
病院で緊急搬送されてきたランスに激しく動揺するジェルミ、から、
二人してロンドンに戻り、それなりに順調かと思いきや、パンジー乱交パーティー。
怒り心頭のイアンはジェルミの挑発にのり……、まで。

■11巻■
ジェルミと関係を持ってしまったことに悩むイアン、から、
イアンに別れを告げられたナディアはジェルミに彼を返してくれと懇願する、まで。

■12巻■
エリックがジェルミを訪ねてくるが留守、から、
サイクリング旅行、イアンの愛を拒み続けるジェルミの首を絞める、まで。

■13巻■
グレッグの幻影を振り払い、ジェルミ殺害を思いとどまる、から、
パスカルの暴走に巻き込まれマージョリー意識不明、
ジェルミ自らグレッグとの写真を見たがる、まで。


マージョリー……(´;ω;`) パスカル、むかつくぅ!!
ロレンツォって悪人顔なのに、いい奴なんだね。誤解してごめん。

グレッグの幻影、楽しそうだなぁ。なかなかのウザさ。


安定したかと思えば、とてつもなく悪化するジェルミ。
八方塞り。

「傷のついたレコードが何度も同じところを歌い続けるでしょう
 傷ついたことを何度も繰り返すことがあるんです
 いやなのに つらいのに…… 気づかずに……
 なんのために?わたしにもわかりません」


リンドンの言うとおり。
この迷路にゴールはあるのだろうか……

評価:★★★★★

ブログランキング参加中。
気が向いたらクリックしてくださーい。



posted by 1ca8ca at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣残酷な神が支配する | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック