2015年06月09日

[本]荒木飛呂彦の漫画術

荒木飛呂彦

『ジョジョの奇妙な冒険』の作者・荒木飛呂彦が、
これまで明かすことの無かったマンガの描き方、その秘密を披露!
自身初の自画像を帯に使用するのを始め、描き下ろしたイラストも多数。




著者の漫画はジョジョの一部しか読んでいませんが、
大変興味深く読めました。
漫画家志望者以外が読んでももちろん大丈夫。
文章も読みやすいのでスイスイ。



実例として著者の漫画作品が引用されています。
心構えや哲学などはすべての道に通じるもの。

常に何かに興味を持つことができて、
周囲の出来事に素直に反応できるアンテナを持ち続けられるのであれば、
「アイディアが尽きる」ということはないはずです。(引用)


これ……若さの秘訣な気がする……(`・д´・ ;)


岸辺露伴というキャラクター自体は知ってたけど、
あのギザギザ、ヘアバンドだったんだ……!


***目次***
はじめに
第一章 導入の描き方
第二章 押さえておきたい漫画の「基本四大構造」
第三章 キャラクターの作り方
第四章 ストーリーの作り方
第五章 絵がすべてを表現する
第六章 漫画の「世界観」とは何か
第七章 すべての要素は「テーマ」につながる
実践編その1 漫画が出来るまで
実践編その2 短編の描き方
おわりに

評価:★★★★★

ブログランキング参加中。
気が向いたらクリックしてくださーい。



posted by 1ca8ca at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック