2015年06月27日

[ドラマ]アルジャーノンに花束を(2015年版)

出演:山下智久・栗山千明

脚本監修:野島伸司
脚本:池田奈津子
原作:ダニエル・キイス『アルジャーノンに花束を』
音楽:千住明

制作年:2015年
制作国:日本

原作著書・ダニエル・キイス×俳優・山下智久×脚本家・野島伸司
“奇跡”の物語、現代版『アルジャーノンに花束を』が、誕生!!




原作ファンなので、派生作品に興味があって最終回まで鑑賞。




原作通りにしろ!とは思いません。
まったく別物と理解しています。

このドラマでは「対等な友達」というものがもっとも重要であり、
この友情に当てはまるのは同性のみで、異性との友情はノーカウント。
恋愛なんて軽薄なものは言語道断。
親子の情も無力で……
男だけの対等の友達がとにかく尊し!といった感じで<完>。

あ、あと自己犠牲もテーマなのかな。
聖人のようにふるまう人物の周囲にいる人々の心境とか。

研究所のシーンや天才連呼がね……陳腐だな、と。 (-ε´-。)

梨央の病気が発覚したあたりから、
これってアルジャーノン要素ない方がよかったんじゃない?、という思いが沸々と。
ちょっと盛りだくさん過ぎかな?
まぁ、最終的には「対等な友達」だけが残る。

評価:★★★☆☆

ブログランキング参加中。
気が向いたらクリックしてくださーい。





posted by 1ca8ca at 01:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ・映画・アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。