2015年09月27日

[マンガ]へうげもの(20)

悪漢・大久保長安、親友・高山右近との別れ。
粛清と伴天連追放、豊臣潰しへ暴走する家康。
笑福の灯を消すまいと、織部の「激陶」やまず。
生か死か、武か数奇か、それが問題にて候。




1612年8月 駿河国・駿府城 家康、茶会で疑心暗鬼、から、
1614年7月 駿府城 家康「年内に戦を仕掛け 日の本の一切を掌握す」、まで。

大久保長安が死に、高山右近も日の本を去り、
方広寺の鐘が出てきて……あぁ、もう終わりが近いんだなぁ、としみじみ。

右近さんとの別れ、本当に辛かった(´;ω;`)

流れ圜悟のくだりなど、古田織部らしくってよかったけど、
「らしさ」を持ち続けたまま果てることができるのだろうか……


***目次***
第二百九席  貴殿はNo Good 
第二百十席  CUT&GO
第二百十一席 CUT&GO(remix)
第二百十二席 ハートのACE
第二百十三席 AGAINST ALL ODDS
第二百十四席 もう俺以外愛さない
第二百十五席 わ・か・や・ま
第二百十六席 サイテーなFUCK YOU!
第二百十七席 さびしんぼう
第二百十八席 A song for OUR brother
第二百十九席 The love has GONE

評価:★★★★☆

ブログランキング参加中。
気が向いたらクリックしてくださーい。





posted by 1ca8ca at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣へうげもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。