2016年01月30日

[マンガ]BILLY BAT(16)

浦沢直樹
長崎尚志

自由を象徴する二つの塔……そして旋回するテロリストの飛行機……!?
そのイメージを最後に、漫画が描けなくなったケヴィン。
だが、その続きを描く鮮烈な才能の持ち主が現れる……!!

破滅と混乱の物語。それは新たな黙示録なのか?! 
現代に向かって刻まれる一大歴史SF絵巻はついに、この時に到達した!! 

二〇〇一年九月十一日、その瞬間は迫る!!




2001年 ビリーバットを描けなくなったケヴィン・グッドマンの後継者探し、から、
新しい描き手ティミー・サナダ、ニューヨークが攻撃されると予言(?)、まで。

新しい人物が登場したと思ったら、レギュラーな人物が死ぬ……
相変わらず、登場人物の新陳代謝が激しい。

面白いんだけど、ちゃんと完結するよね??ちょっと心配。
2001911へのカウントダウンぽいから、もうそろそろ終わるのかな?

とりあえず、次巻を待つのみ!


***目次***
第126話 次の描き手
第127話 本物の条件
第128話 正義の心
第129話 アメリカの敵
第130話 共作
第131話 目的地
第132話 ファンタジーの終焉
第133話 ある手順

評価:★★★★☆

ブログランキング参加中。
気が向いたらクリックしてくださーい。



posted by 1ca8ca at 06:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣BILLY BAT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック