2016年08月28日

[マンガ]ぼくは地球と歌う -「ぼく地球」次世代編II- (1)

物語は「地球」へと還る──
「ボクを包む月の光」から4年後…。
成長した蓮は地球の歌が聴こえるという不思議な能力に目覚めていた。
そんな折、輪と蓮の夢に謎の少女が現れ、
輪にとって因縁深い「東京タワー」を要求してくるが…?
「ぼく地球」シリーズ第3章、堂々のスタート!




「ぼく地球」次世代編その2です。
次世代……?その2……?少々複雑なので、ちょっとまとめ。

読むべき順はこう!だと思う……多分……自信ない……


(1)『記憶鮮明』




(2)『ぼくの地球を守って』




(3)『偶然が残すもの -記憶鮮明2-』
(4)『BIRTH -記憶鮮明3-』





(5)『ボクを包む月の光 -「ぼく地球」次世代編-』




(6)『ぼくは地球と歌う -「ぼく地球」次世代編II-』←いまココ!




さてさて、『ぼくは地球と歌う』1巻は、

『ボクを包む月の光』から4年後、小6になった蓮は謎の美少女と出会う、から、
輪が二人!?、まで。

またもや、輪に死亡フラグ……?
カチコちゃんはラーレが好きなんだと思っていたよ……

巻末には「Special site」と題しまして、
『ボク月』から『ぼく歌』へ移るために描き下ろした予告マンガと、
『ぼく地球』『ぼく歌』から出題されるマニアックなクイズが掲載。

とりあえず、次巻以降に期待!


1巻には、「ぼく地球」プレミアムファンブック付き特装版がありまして。
コミックの表紙は「特装版」の文字以外は通常版と同じぽいね……



で、プレミアムファンブックの内容は以下の通り。

ファンブック(40Pカラー付き)

(1)プロが描く「ぼく地球」アンソロジー
「ぼく地球」を愛するプロの漫画家&アニメーターによるアンソロジー&美麗カラーイラスト掲載!
参加作家:伊沢玲、河惣益巳、久世番子、後藤隆幸、清水玲子、高屋奈月、種村有菜、平間要

(2)伝説ふたたび! 描き下ろしストーリー
日渡先生による「ぼく地球」ミニストーリー完全描き下ろし!
紫苑&玉蘭の本編では語られなかった物語がここに・・・!

(3)名作の舞台裏
日渡先生のラフなど、お宝満載!



まぁ、小冊子って感じ。
お布施として買うならアリ。
過度な期待はしない方がいいかと。
「ぼく歌」の設定資料やプロット・ネームもチラっとあります。


***目次***
第1話
第2話
第3話
第4話
第5話
第6話
Special site

評価:★★★☆☆



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック