2017年05月24日

[映画]美女と野獣(2014年版)




出演:ヴァンサン・カッセル,レア・セドゥ,アンドレ・デュソリエ ほか
監督:クリストフ・ガンズ

制作年:2014年
制作国:フランス・ドイツ合作

誰もが知る名作ファンタジー
発祥の地が贈るもうひとつの「美女と野獣」




「金曜ロードShow!」 で、まったり鑑賞。

ディズニー映画とは違う、もうひとつの「美女と野獣」。
1740年に書かれたヴィルヌーヴ夫人の原作小説を元に、
野獣の隠されてきた過去が描かれているらしい。

ヴィルヌーヴ夫人の原作小説はこれ。




ディズニー版で登場するミセス・ポット的なメイド集団がいないので、
誰がベルのヘアメイクや食事の世話などしているのか少し気になる……



ベルが野獣に心惹かれていく描写が少なくて、いつの間に惚れたの?ってなる。
看病してもらったけど、元はと言えば野獣さんが凍った湖にベルを押し倒したのが原因だし。

野獣さん、王子姿も髭もじゃだから……もっとメリハリください。

ベル兄マキシムがクズ。

ベル父、盗み喰いは もそっと行儀よくお願い。

終盤、進撃の巨人で、肩乗り野獣かわいかったよ。



あと、お馬さんに囁く言葉、毎回変えようよ!
「長期間パスワードを変更しないと危険です」という教訓。




映像は綺麗だと思うんだけど、ストーリーがちょっと残念。


評価:★★★☆☆



posted by 1ca8ca at 00:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ・映画・アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック