2017年09月22日

[マンガ]へうげもの(24)


家康&秀吉暗殺未遂事件の首謀者として織部逮捕。
後藤又兵衛、真田信繁、松平忠輝、松平忠直ら、
乙な男たちが東西の狭間で血潮をたぎらせる。
不毛なる大坂夏の陣、いよいよクライマックス。




1615年4月30日 伏見城 徳川秀忠に織部逮捕の報入る、から、
1615月5月10日 遠江国 秀頼の末子と逃避行中の古田重嗣&金森宗和 荒井関所越え、まで。 


まるっと大坂夏の陣の巻。



妻のおせんや孫娘まで拘束され、相変わらず窮地の織部。

真田幸村はかっこよく散り、
大野治長と茶々たちはスタイリッシュお茶会自害。

ひとつの時代が終わりゆく様は、
いくらユーモアを挟んでいても、やっぱり物悲しい(´;ω;`)

あと、七十分の乙女面の可愛さよ。


***目次***
第二百五十二席 空に星があるやうに
第二百五十三席 Perfect Human
第二百五十四席 優しさに包まれたなら
第二百五十五席 河内のオッサンの唄
第二百五十六席 SHALALA
第二百五十七席 CHERRY PIE
第二百五十八席 ブルーブルースカイ
第二百五十九席 Dear GOD
第二百六十席 どでかい青春
第二百六十一席 トドメを派手にくれ
第二百六十二席 New Bowl World

評価:★★★★★





posted by 1ca8ca at 21:35| Comment(0) | ┣へうげもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。